ここから本文です

U-20日本初戦逆転勝ち!堂安が決勝弾、久保アシスト

5/21(日) 18:52配信

デイリースポーツ

 「U-20W杯・1次リーグD組、日本2-1南アフリカ」(21日、水原)

 日本がFW小川航基(磐田)の同点ゴール、MF堂安律(G大阪)の決勝ゴールで勝利した。堂安のゴールは途中出場の15歳、FW久保建英(FC東京)がアシストした。

 前半7分、マージマンに先制ゴールを許した日本は、前半は11本のシュートを放ったが枠をとらえられず、決定力不足を露呈した。

 しかし、後半3分、左サイドの岩崎からのクロスに、小川がニアサイドに飛び込んでシュートをねじ込んだ。相手GKがかき出したが、ボールがラインを完全に超えた後で、得点が認められた。

 後半14分にはスーパーサブに位置づけられている久保が三好に代わって投入された。最初のプレーで2トップを組む小川へスルーパスを通し、場内をどよめかせた。

 同27分、堂安が久保と好連携を発揮する。左サイドの久保に堂安がパスを落とし前方へ走る。これに合わせて久保がグラウンダーのクロスを入れ、冷静に堂安がゴール右に突き刺した。

 試合終盤は南アフリカの反撃に防戦一方となったが、GK小嶋、DF冨安、中山ら守備陣が最後の最後で踏ん張って1点のリードを守り切った。

 日本は24日にウルグアイ戦に臨む。