ここから本文です

阪神 高山、上本の連続アーチで同点に

5/21(日) 19:07配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト-阪神」(21日、神宮球場)

 阪神が高山、上本の2者連続弾で同点に追い付いた。

 0-2の三回。まずは先頭の高山が、1-1からの3球目、外寄り高めに浮いた変化球をフルスイング。打球は瞬く間に右翼スタンドに到達した。2試合ぶりの第3号で、今季放った本塁打は全て神宮球場。大学時代に慣れ親しんだ地で、明大の後輩、ヤクルトのルーキー星から意地の一発となった。

 「打ったのはフォーク。先頭だったので、とにかく塁に出る事を考えていました。少し前に出されましたが、なんとか捉えることができました」

 さらに上本が続く。1ストライクから2球目。真ん中高めに浮いた145キロの直球を狙った。打球は放物線を描いて左翼スタンドへ到達。「打ったのはストレート。ストレートに振り負けないようなスイングを心がけました。勝ち越せるように頑張ります」と気を引き締めた。

 上本は4月9日の巨人戦(甲子園)以来、出場26試合ぶりの2号となった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 11:55