ここから本文です

V弾の堂安、久保に感謝「いいパスくれたんで決めるだけでした」

5/21(日) 19:24配信

デイリースポーツ

 「U-20W杯・1次リーグD組、日本2-1南アフリカ」(21日、水原)

 5大会ぶりの出場となった日本は1点を先制されたが、FW小川航基(磐田)の同点弾、MF堂安律(G大阪)の勝ち越し弾で逆転勝利を収めた。堂安のゴールは途中出場の15歳・久保建英(FC東京U-18)がアシストした。堂安は得点を「久保選手がいいパスくれたんで決めるだけでした」と振り返った。

 1-1で迎えた後半27分。左サイドからのパスを受けた堂安は、左前方の久保へボールを落とし、自らも前へ突進。久保に「後ろ!」と指示を出してクロスを呼び込み、冷静にゴール右へ突き刺した。

 流れるようなワンツーで相手守備を崩す美しいゴールだった。「練習から連携は高めてきたんで、練習通りかなと思います」と自画自賛した堂安は24日の次戦ウルグアイ戦へ「満足せずに次の試合へ向けていい準備をしていきたいと思います」と力を込めた。