ここから本文です

U-20エース小川、貴重な同点弾!つぶれ役でシュートねじ込む

5/21(日) 19:39配信

デイリースポーツ

 「U-20W杯・1次リーグD組、日本2-1南アフリカ」(21日、水原)

 日本が逆転で初戦に勝利した。前半7分、マージマンに先制ゴールを許す苦しい展開だったが、後半3分にエースのFW小川航基(磐田)が同点ゴールをねじ込んだ。同27分に生まれた堂安律(G大阪)の決勝ゴールにつながる、貴重な1点を生み出した。

 左サイドの岩崎からクロスが入ると信じて、ゴール付近ニアサイドに飛び込んだ。相手守備と競り合いながら放ったシュートは相手守備の影響で勢いを殺されたが、GKの逆をついてゴールイン。ボールをかき出されたのはラインを完全に越えた後で、得点が認められた。

 前半はフリーのヘディングを外してしまうなど、決定力不足を露呈していたが、後半にエースの仕事をした。「(岩崎)悠人が突破力があって、クロスを上げてくると分かっていたので。必ず一人、1枚ニアでつぶれるように、というチームとしての共通意識があったので。ニアに飛び込めて良かったと思います」と得点シーンを振り返った。

 24日にはウルグアイとの次戦がある。「この勝利は大きいです。でも、今から切り替えて次の試合に向かっていかないといけないなと思います」と冷静に語った。