ここから本文です

阪神、敬遠球が大暴投でラッキーな勝ち越し点

5/21(日) 20:38配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト-阪神」(21日、神宮球場)

 阪神が七回、ラッキーな形で逆転に成功した。

【写真】敬遠球が大暴投で勝ち越しのホームを踏む高山とガックリのルーキ

 4-4の同点に追いつき、なお2死二、三塁の場面。ここでヤクルトベンチは4番・福留の敬遠を指示。ところが、2番手・ルーキの敬遠の投球が捕手・中村の頭上をはるかに超える大暴投。三塁走者が悠々と本塁を陥れた。

 2点を追うこの回は、1死から代打・キャンベルが四球を選んで出塁。さらに代打・伊藤隼だ。2-2から7球目。外角高めフォークに食らいつくと、右翼線を襲う二塁打となった。1死二、三塁となって、ヤクルトベンチはルーキにスイッチ。打席に高山が立った。

 フルカウントからバットの先で引っ掛けた打球。投手の頭上を超え、二塁内野安打となった。三走・キャンベルが生還して1点差に迫ると、続く上本の打球は三遊間に。遊撃・大引が二塁に転送したが、間一髪セーフとなった。伊藤隼が同点のホームに生還。試合を振り出しに戻した。

スポーツナビ 野球情報