ここから本文です

井上、3回KOでV5 9月に米国進出も「いいアピールになった」

5/21(日) 20:40配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(21日、有明コロシアム)

 ダブル世界戦が開催され、メインイベントではWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(24)=大橋=が3回1分8秒KOで、同級2位のリカルド・ロドリゲス(27)=米国=に圧勝し、5度目の防衛に成功した。

 初回から両者が積極的にパンチを出し合う展開。井上は2回にサウスポーにスイッチしてワンツーをたたき込むなどペースをつかむ。3回に左フックで2度、豪快に倒して試合を決めた。

 2位の挑戦者を寄せ付けなかった井上は「勝って当たり前という試合ほど怖いものはないと気を引き締めていた。こういう結果になって良かった」と振り返った。

 今後、米国進出が噂される。「9月にほぼ決まっていると聞いています。3ラウンドKO勝ちでいいアピールになったと思います」とさらなる飛躍を誓った。

 井上の通算戦績は13戦13勝(11KO)。ロドリゲスは20戦16勝(5KO)4敗。