ここから本文です

【オークス】掛け値なしの好タイム!終わってみれば“サウスポー”ソウルの1強

5/21(日) 21:29配信

デイリースポーツ

 「オークス・G1」(21日、東京)

 V時計は歴代2位の2分24秒1がマークされた。12年ジェンティルドンナ=2分23秒6は前半5F59秒1のハイペースに引っ張られた側面もあるが、今年は同61秒7。掛け値なしに優秀で、数字的には過去最高レベルの評価を与えていい。

 東京芝コースは前日から速い上がりのレースが目立ったように、先行有利の馬場状態が味方したのも事実。とはいえ、ラスト4Fを全て11秒6以下のラップにまとめた走りは非の打ち所がなく、ゴール前は2着馬との差をさらに広げる脚色だった。現3歳世代でポテンシャルは一枚抜けていたということだろう。

 振り返れば2歳時のアイビーSで皐月賞2着馬ペルシアンナイトに完勝。勝ったとはいえ、阪神のチューリップ賞は直線で右にヨレていた。左回りは圧倒的なパフォーマンスで2戦2勝。本質的にはサウスポーの可能性もある。超一流の血統背景を基盤とした能力面に馬場、適性と全てが融合。“1強”競馬となったのは、至極当然の結果と言えるかもしれない。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ