ここから本文です

井上に完敗のロドリゲス強がる 敗因は「私の不注意」

5/21(日) 22:01配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(21日、有明コロシアム)

 ダブル世界戦が開催され、メインイベントではWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(24)=大橋=が3回1分8秒KOで、同級2位のリカルド・ロドリゲス(27)=米国=に圧勝し、5度目の防衛に成功した。井上の次戦は9月に米国で行われることが決定的になった。

 3回に左フックで2度倒されてテンカウントを聞いたロドリゲスは「井上はとてもパワフルなボクサー。カウンターもうまい」と王者の印象を語った。

 キャリア初のKO負けを喫した。「考えていたプロセス通り戦い、リズムも徐々につかんできたが、急襲を受けて終わってしまった。私の不注意だった」と語り、実力差で負けたわけではないと強調した。

 ロドリゲスのコメントを聞いた井上は「(倒したパンチは)狙ってたんですけどね」と、強がる挑戦者に苦笑いしていた。

Yahoo!ニュースからのお知らせ