ここから本文です

細川たかし 自身のまねをするRGと初対面 「なんでこんな頭にしたの?」

5/21(日) 22:19配信

デイリースポーツ

 歌手の細川たかしが21日、日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演し、自身の髪型のまねをしているお笑いタレントのレイザーラモンRGと初対面した。細川はRGに「君か。なんでお前、こんな頭にしたの」と問いただした。

 細川は、RGが自身の髪型をまねていることを知った時にテレビ番組で「吉本の社長に電話する。クビだ」と懇意にしている吉本興業の社長にRGのクビを要請するほど不快感を示していた。

 「行列」に出演した細川はRGがスタジオに来ていることを知り、「来てるの?あれは失礼だよな」と、やはり不快な感情を持っていることを隠さなかった。ついにRGが登場し、細川のヒット曲「北酒場」の冒頭を歌唱。RGはすぐにスタジオ中央に走って細川に頭を向けて土下座し、「すみません!本当に申し訳ございません!」と謝罪した。

 細川は席を立ってRGのそばに寄り、「君か。なんでお前、こんな頭にしたの」と自身と同じ髪型にしたことを尋ねた。RGは「憧れてまして。本当です」と頭をたれながら釈明。MCを務めるRGの先輩、雨上がり決死隊の宮迫博之は「芸を見て公認していただければありがたいです」と後輩のために依頼した。

 RGは「北酒場」のメロディーに乗せて「細川たかしさんあるある」を熱唱。笑いはいまひとつ起こらなかったが、細川は「俺の歌を一生懸命覚えた。大したもんだ」と、ほめてみせ、ベテランの貫禄をのぞかせた。細川はRGに「なんて芸名なの?」と質問。「レイザーラモンRGです」と答えたが細川は「何?」とピンと来ず、「変えた方がいい」と改名をすすめ、「こぶしたかし」と命名した。