ここから本文です

【MLB】インディアンス快勝、2年目右腕が6回まで無安打投球

5/21(日) 12:27配信

ISM

 クリーブランド・インディアンスは現地20日、敵地でヒューストン・アストロズと対戦。先発マイク・クレビンジャー投手が6回までアストロズ打線を無安打に抑える快投を披露し、3対0で勝利した。

 インディアンスは2回に1点を先制すると、4回にロニー・チゼンホール外野手の6号ソロで追加点を挙げる。クレビンジャーは7回先頭のホセ・アルテューベ二塁手に初安打を許したものの、7回0/3を投げて2安打、2四球、8奪三振、無失点の内容で今季2勝目(1敗)をマークした。

 インディアンスのテリー・フランコーナ監督は「彼のような選手が活躍してこのような試合をしてくれると、我々は大きく引き上がるんだ」とメジャー2年目の右腕を称賛した。

 なお、アストロズの青木宣親外野手は9番・レフトで先発出場。2打数ノーヒットで、8回の打席で代打を送られ退いている。(STATS-AP)

最終更新:5/21(日) 12:27
ISM