ここから本文です

松本人志、アキラ100%の裸芸「一番倫理観ある」 BPOへの“苦情”に持論

5/21(日) 16:53配信

オリコン

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(53)が、コメンテーターを務める21日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。放送倫理・番組向上機構(BPO)に、『R-1ぐらんぷり 2017』優勝芸人・アキラ100%の“裸芸”に対するものと思われる苦情が寄せられた問題に「ある意味、一番倫理観がある」と語り、アキラのネタに理解を示した。

【写真】イベントで“裸芸”を披露するアキラ100%

 BPOは11日、4月に視聴者から寄せられた意見を公式サイト上で公開。その中に「素っ裸にお盆一枚で局部を隠す裸芸をしているが、公共の電波を使って裸芸は問題がないのか。子どもの教育にも悪影響があると考えるので今後、テレビに出演させないでほしい」と、アキラのネタへの苦情と思われる意見が含まれており、物議を醸していた。

 この問題に意見を求められた松本は「ある意味、一番倫理観がある」とBPOに寄せられた苦情に反論。「絶対に(裸を)見せないわけで、誰よりも裸にならない。子供にいい影響を与えてる」と冗談めかしつつも、アキラの芸風に理解を示した。また、「放送コードで(局部を)出してもいいってなったらこの芸は成立しない。規制があるからこそできる芸」と持論を述べ、「その規制で文句を言われてるっていう、不思議な現象ですよね」と分析していた。

 ゲストのお笑い芸人・バカリズム(41)も「見えてから言ってほしかった。見えそうで見えないところが面白いのに、“見えそう”な部分を言われちゃうとかわいそう」と苦情に疑問を呈すとともに「見えちゃったら集中砲火でいいと思う」とし、現状は問題ないとの見解だった。

最終更新:5/22(月) 14:33
オリコン