ここから本文です

【NBA】セルティックスに打撃、I.トーマスが股関節故障でシーズン終了

5/21(日) 13:10配信

ISM

 ボストン・セルティックスは現地20日、ガードのアイザイア・トーマスが股関節の故障を再び悪化させ、今後のプレーオフの試合を全休すると発表した。

 米国の大手ポータルサイトが運営する『ヤフースポーツ』が伝えたもので、ダニー・エインジ球団社長は19日、イースタンカンファレンス準決勝第6戦の試合後、トーマスが痛めていた右股関節の検査を受け、インピンジメント(挟み込み)と関節唇の損傷との診断を受けていたと語った。

 トーマスは、19日に行なわれたカンファレンス決勝第2戦で故障を悪化させ、後半はプレーをしなかった。

 トーマスは、股関節の故障でカンファレンス準決勝第7戦の出場が危ぶまれたが、結局、出場。40分間のプレーで29得点を挙げ、カンファレンス決勝進出に貢献した。

 セルティックスは、地元でのカンファレンス決勝第2戦で、クリーブランド・キャバリアーズに86対130で大敗。第3戦は21日、クリーブランドで行なわれる。

最終更新:5/21(日) 13:10
ISM