ここから本文です

【NBA】フロント空席のホークス、ウィザーズ副球団社長らと面接

5/21(日) 16:57配信

ISM

 球団社長とゼネラルマネージャー(GM)のポジションが空席になっているアトランタ・ホークスが、ワシントン・ウィザーズ副球団社長のトミー・シェパード氏と、ゴールデンステイト・ウォリアーズのアシスタントGM、トラビス・シュレンク氏と面接を行なったようだ。

 米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが報じたもので、ホークスは、同局で解説を務めるチャウンシー・ビラップス氏とボストン・セルティックスのアシスタントGM、マイク・ザレン氏にも関心を持っているという。

 シェパード氏は、アーニー・グランフェルド球団社長の右腕として14シーズンにわたりウィザーズに貢献。シュレンク氏は、レギュラーシーズンの3シーズンでリーグ史上最多の207勝を挙げたチーム作りに尽力し、ウォリアーズのフロントに欠かせないメンバーとなってる。

 同サイトは以前、クリーブランド・キャバリアーズのデイビッド・グリフィンGM、元デトロイト・ピストンズ球団社長のジョー・デュマース氏、オクラホマシティ・サンダーのアシスタントGM、トロイ・ウィーバー氏も候補に挙がっていると伝えていた。

 ホークスはプレーオフ1回戦敗退の後、マイク・ブーデンホルザーHCが、兼務していた球団社長を退任。ウェス・ウィルコックスGMは、オーナーの特別顧問に配置転換された。

最終更新:5/21(日) 16:57
ISM