ここから本文です

沼山峠-会津高原尾瀬口 急行バス運行開始

5/21(日) 10:44配信

福島民報

 国立公園10周年を迎える尾瀬の福島県檜枝岐村側入り口の沼山峠と南会津町の会津高原尾瀬口駅を結ぶ尾瀬急行バスは20日、運行を開始した。途中の檜枝岐村の御池バスターミナルで同日、歓迎セレモニーが行われた。
 急行バスは尾瀬檜枝岐温泉観光協会などの要望を受けた会津乗合自動車が運行する。東武鉄道「特急リバティ会津」と連絡し、10月15日までの土、日曜日と祝日に1日1往復運行する。会津高原尾瀬口駅発午前9時40分、沼山峠発午後1時。料金は片道2710円。
 歓迎セレモニーでは星光祥村長や星哲二尾瀬檜枝岐温泉観光協会長らが乗客を出迎え、鏡開きをして祝った。赤飯や記念バッジなどが配られた。星会長は「特急と急行バスで東京とつながり利便性が向上した。檜枝岐や尾瀬への入り込み増が期待できる」と語った。
 東京都から特急リバティ会津と急行バスを使い訪れた会社員伊藤広志さん(52)は「早く尾瀬に着けるので仲間にも急行バスをPRしたい」と話していた。
 問い合わせは会津乗合自動車田島営業所 電話0241(62)0134へ。

福島民報社

最終更新:5/21(日) 10:53
福島民報