ここから本文です

メンバー選考始まる 県吹奏楽連盟台湾派遣事業

5/21(日) 11:32配信

福島民報

 福島県吹奏楽連盟が創立55周年記念事業の一環で実施する若手演奏者の台湾派遣事業で、メンバーのオーディションが20日、相双地区をトップに始まった。県内5地区で行い、計80人を選抜する。
 相双地区の中高校生ら7人が申し込み、相馬市の相馬東高で行った。中高校生らは課題曲、自由曲に加え、当日、会場で楽譜が配られた曲の計3曲を演奏した。県吹奏楽連盟の担当者が審査した。審査結果は6月中旬ごろ、本人に通知する。合わせて136人が各地区で行われるオーディションに臨む。
 連盟初の海外公演。選抜された演奏者は来年1月4日から8日まで台北市を訪れ、現地の台北愛楽管弦楽団との音楽交流やコンサートホールでの演奏会を予定している。

福島民報社

最終更新:5/21(日) 11:39
福島民報