ここから本文です

【GOLF】J.ハーン、通算3勝目に王手! J.デイが2打差に浮上

5/21(日) 8:49配信

ISM

 米男子ツアーのAT&Tバイロン・ネルソンが現地時間20日、テキサス州のTPCフォーシーズンズ・リゾートを舞台に第3ラウンドの競技を終了。ジェームス・ハーン(米)が通算12アンダーまでスコアを伸ばし、単独首位で最終日を迎える。

 初日首位発進のハーンは、3番でこの日最初のバーディを奪うと、7番、9番でもスコアを伸ばして前半を折り返す。迎えた後半も15番から連続バーディとするなど、ノーボギーの「64」と完璧な内容でホールアウト。後続に1打差をつけ、2016年のウェルズ・ファーゴ選手権以来の約1年ぶりの優勝を賭け、残り18ホールを戦う。

 通算11アンダー単独2位には、ツアー通算3勝を誇るビリー・ホーシェル(米)。元世界ランキング1位のジェイソン・デイ(豪)は、8番から5連続バーディをマークする猛チャージを見せ、トータル8バーディ、1ボギーの「63」でラウンド。前日の17位タイから通算10アンダー3位タイに急浮上している。また、前日トップのジェイソン・コクラック(米)は2つスコアを落とし、デイとともに3位タイからの逆転を狙う。

 その他上位陣は、通算9アンダー単独5位にキャメロン・トリンガル(米)、通算8アンダー6位タイに今季のマスターズ覇者、セルヒオ・ガルシア(スペイン)ら3人が並ぶ。一方、予選ラウンドを3位タイで通過した世界No.1のダスティン・ジョンソン(米)は1オーバー71で19位タイまで順位を落としている。

最終更新:5/21(日) 14:06
ISM