ここから本文です

投資で成功する人に共通して見られる5つの習慣

5/21(日) 12:20配信

投信1

皆さんの身近に投資で成功した人はいますか?  自分に近いところにいても意外に気付きにくいものです。その最大の理由は、投資に成功したことをひけらかさず、どんな状況に置かれようとも冷静に物事の本質を見極めようとする人が多いからです。

今回は、投資で成功した人たちに共通して見られる5つの習慣や特徴についてまとめてみました。また、その習慣や特徴から何が得られるのかについても考えてみました。

その1:早起きである

株式市場で財を成した人には早起きの人をよく見かけます。ここで言う早起きというのは午前6時に起きる人のことではありません。早ければ4時台、5時台に起床する場合が多いのです。もちろん彼らは就寝時間も早く、しっかりと睡眠時間を確保しているということも付け加えておきます。

さて、朝起きて何をするかといえば、その日にすることを静かに考えるようです。また、海外市場がどうであったか、どのようなイベントがあり、資本市場はどのような反応をしたのかを整理したりします。

投資家は常に、自分の考えと投資家全体のコンセンサスである現在の市場のギャップで儲ける人たちです。資本市場がどのような心理状態にあるのか、また自分の投資判断はどうすべきなのかを整理することは基本中の基本です。その最も重要なプロセスを1人になれる、また集中できる時間を確保して投資行動に結びつけています。

多くの人は夜更かしをして生活のリズムが乱れるのを何とか食い止めようとする程度ですが、成功する投資家は自分のペースを守ることに重きを置いているように見えます。まるでスポーツ選手のルーティンのようです。周りから見れば、融通の利かないマイペースな人と片付けられてしまいそうですが。

その2:感情を上手にコントロールできる

お酒を例にしてみましょう。

お酒が強い人は良いのですが、そうでない人はお酒で自分のペースを乱してしまうことがあります。また、仮にお酒が強くても、量が過ぎれば自分の生活のペースを乱しかねません。自分の回復力以上にアルコールが回ってしまう場合には、ひどい場合には翌日まで自分の状況を正しく判断することが難しくなることもあります。

お酒は適切な量を摂取する分にはよいのでしょうが、ややもすると疲労などを隠してしまうこともあります。自分で疲れていることに気づかないでいると、適切な判断ができないという事態にも直面します。

自分をよく理解している投資家は、株式市場などが開いている平日は極力飲酒を控えるといいます。お酒は好きだ! という人でもこのように自制ができる、感情のコントロールが上手な人だなと感じることが多々あります。睡眠の質に結果的にこだわっている人が多いようです。

1/2ページ

最終更新:5/21(日) 12:20
投信1