ここから本文です

イタリアのマンマが教える、料理の上達術

5/21(日) 11:40配信

ELLE ONLINE

イタリア料理が上手になる、ちょっとしたコツとは?

不要だと思っていたものが味の決め手になったり、食材の用途を見極めたり……。料理の、ひいては人生の先輩でもあるマンマならではの、ポイントを突いた料理TIPS。どれも基本でいて単純なアドバイスばかりだから、イタリア料理好きなら、ぜひ実践してみて。

パスタの茹で汁は捨てちゃダメ!

すべてのパスタレシピに必要ではないが、パスタの茹で汁をソースに加えると、風味が増し、ソースがパスタに絡みやすくなる。パスタをおいしくするコツの半分は、ソースがになっているのだから。

パスタを茹でるときに、オイルは必要?

パスタ同士がくっつかないように、茹でるための湯にオリーブオイルを少々垂らす人は多い。でも、大多数のイタリア料理のシェフによると、余分なオリーブオイルは何の役にも立たないそう。というのも、ソースが絡みづらくなるからだとか。

チーズの皮は、キープすること

ハードチーズをすりおろし終えたとき、固い皮の部分を捨ててしまってない? 実は、チーズの皮は単に食べられるだけでなく、スープやだし汁に風味を加える素晴らしい調味料にもなるので試してみて。

ソースに合わせて、パスタを選ぼう

どんなパスタにも好きなソースを合わせて楽しむのは自由。でも実は、パスタの形は特定の種類のソースのために作られたものなのだ。たとえば、ひねったデザインのフジッリは、さらっとしたソースでもしっかりキャッチしてくれるし、幅広のタリアテッレは重めのミートソースなどを絡めるのに最適だ。一方で、平べったいリングイネは、貝のソースのような軽めのソースと相性が良い。

できれば、お手製パスタに!

自家製パスタの方が、おいしいに決まっている、と思っている人は少なくないはず。とってもおいしい市販の乾燥パスタもあるけれど、作り立てがどれほどおいしいのかと、想像してみて。

マンマの言うことを聞く!

どの料理においても言えることだけど、マンマがキッチンのボスならば、彼女の言うことすべてに耳を傾けるべし! モダンなテクニックや斬新なアレンジアイデアなどを教える料理学校やシェフがいる一方で、マンマのコツは、代々、その家庭で受け継がれてきた昔ながらのこだわりが満載。だから、イタリア料理好きならば、まずは基本のテクをしっかりと心に留めておいて。

original text : Sam Gutierrez transtlation : Anri Imano

※この記事は、海外のサイト US版『カントリー・リビング』で掲載されたものの翻訳版です。データや研究結果はすべてオリジナル記事によるものです。

最終更新:5/21(日) 11:40
ELLE ONLINE