ここから本文です

北朝鮮の新型ミサイルは、スピードが早く撃墜は難しい 防御の確率は?

5/21(日) 13:41配信

AbemaTIMES

 ほぼ垂直に驚異的な速度で上昇していく北朝鮮の新型中距離弾道ミサイル「火星12」は威力の強い大型核弾頭を装着可能だとされている。実験を見守った金正恩委員長は「アメリカがつまらない軽挙妄動で先制攻撃すれば、史上最大の災難を免れない。アメリカ本土は我々の攻撃圏内に入っている」と述べたという。

 稲田防衛大臣は14日、「高度は2000kmを超えるものであったと推定されることを踏まえれば、新型の弾道ミサイルであった可能性がある」と述べた。またミサイル迎撃のための地上配備型システム「イージス・アショア」導入に向け、最終調整に入った。

 「火星12」はロフテッド軌道と言われる宇宙ステーションの5倍もの高さで打ち上げられ、最高高度2111km、落下速度が非常に速く迎撃が困難だとされている。通常の軌道で発射すると射程距離が4000kmから4500kmと見られ、グアムの米軍基地やアラスカも射程圏内だ。

 米朝極秘協議が行われるなど対話路線も垣間見せていた北朝鮮。北朝鮮の崔善姫米州局長は「条件が熟せばトランプ政権と対話する用意がある」と述べている。また韓国の文在寅大統領は「環境が整えば平壌にも行く」と発言した。一方、アメリカのヘイリー国連大使は「金委員長は被害妄想に駆られている。ミサイル実験をして大統領と対話できると思ったら大間違い」とテレビのインタビューで語った。

 ミサイルは中国の習近平主席肝いりの130カ国以上が参加する一帯一路サミットの直前に発射された。

 北京の池在竜北朝鮮大使は異例の記者会見を開き、「我が国のミサイル発射実験は最高首脳部(金正恩氏)が決心すれば、任意の時間、任意の場所で行われるだろう」と発言した。

 自民党・参議院議員の青山繁晴氏は「(北朝鮮のミサイルには)備えないといけないと思う。予算に反映させないといけない」と述べた。さらに「北朝鮮は中国と裏で話しあって、核実験はやらない。少なくとも当面は。その代わりにこれ(ミサイル実験)をやっている」との見方を示した。

 コリア・レポート編集長の辺真一氏は「北朝鮮のこの流れ(ミサイル実験の進み方)は分かりきっている。なのに常に対策が後手後手で、あれよあれよとこうなった。今やICBMを手に入れようとしている」と述べ、北朝鮮対策の遅れを指摘した。さらに6回目の核実験が行われる場合は、総仕上げになるとの見方を示した。その(核弾頭が搭載可能なミサイルの)対象としては、アメリカ本土が想定されているという。

1/2ページ

最終更新:5/21(日) 15:01
AbemaTIMES