ここから本文です

ネイマールは選外 ブラジル代表、親善試合アルゼンチン戦などへ向けた招集メンバー発表

5/21(日) 9:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

主力何名かに休養を与え、ダビド・ルイスが代表復帰

ブラジルサッカー連盟は19日、6月に行われる国際親善試合に向けたブラジル代表の招集メンバー24名を発表した。

昨年9月にチッチ監督が就任して以降、南米予選で破竹の8連勝を飾り、すでに一番乗りでロシアW杯本大会出場を決めているブラジル。チェルシーを復活させ、プレミアリーグ制覇へ導いたダビド・ルイスが2016年3月以来の代表復帰を果たした。チッチ監督は招集理由について「彼は万能で、MFとしてもプレイできる。イングランドでチャンピオンにも輝いているし、レベルも高い。招集に値する選手だ」とコメントしている。

一方で、W杯出場権獲得の立役者となったネイマールは招集外。主力何名かには休養を与えるようだ。さらに、6月3日にチャンピオンズリーグ決勝を控えているユヴェントスのダニエウ・アウベスやレアル・マドリードのマルセロの招集も見送られたが、2012年以来出場機会のないアッレクス・サンドロは唯一選出された。

ブラジル代表は6月9日にアルゼンチン代表と、同13日にオーストラリア代表と対戦予定となっている。主力を温存した中で、どんなプレイを披露してくれるのだろうか。

発表されたメンバーは以下のとおり

GK
ジエゴ・アウベス(バレンシア)
ウェヴェルトン(アトレティコ・パラナエンセ)
エデルソン(ベンフィカ)

DF
ダビド・ルイス(チェルシー)
ジウ(三東魯能)
ジェメルソン(モナコ)
ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)
チアゴ・シウバ(PSG)
アレックス・サンドロ(ユヴェントス)
ファグネル(コリンチャンス)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード)
ラフィーニャ(バイエルン・ミュンヘン)

MF
フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)
ジュリアーノ(ゼニト)
ルーカス・リマ(サントス)
パウリーニョ(広州恒大)
フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
レナト・アウグスト(北京国安)
ロドリギーニョ(コリンチャンス)
ウィリアン(チェルシー)

FW
ジエゴ・ソウザ(スポルト)
ドウグラス・コスタ(バイエルン・ミュンヘン)
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ)
タイソン(シャフタール・ドネツク)

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1