ここから本文です

<高校野球>浦学、横浜に2―0で8強進出 徳栄は早実に競り負け

5/21(日) 22:03配信

埼玉新聞

 (第2日、21日・ひたちなか市民ほか)

 春季関東大会は2回戦残りの6試合を行い、県大会5連覇で5年連続18度目出場の浦和学院は横浜(神奈川2位)に2―0と完封勝ちで8強進出を決めた。同準優勝で2年連続9度目出場の花咲徳栄は早実(東京1位)にタイブレーク十回の末、9―10と競り負けた。

 浦和学院は0―0の七回、秋山と森川の適時打で2点を先取。投げては右腕渡辺、左腕佐野の2年生コンビが完封リレーした。

 花咲徳栄は無死一、二塁から開始されるタイブレーク十回、右腕清水が早実の清宮、野村に連続適時打を浴びて敗れた。

 試合には外野席まで埋め尽くすほどの1万2千人(主催者発表)の観客が詰め掛けた。茨城県高野連によると、未明に自動車で訪れる観客もいたため、ひたちなか市民の駐車場を午前2時45分に開門する異例の措置を取ったという。

 第3日は22日、水戸市民などで準々決勝を行い、浦和学院は前橋育英(群馬1位)と対戦する(水戸市民・10時)。

最終更新:5/21(日) 22:26
埼玉新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(日) 7:40