ここから本文です

女子決勝は好調ハレプとスビトリーナが対決 [ローマ/女子テニス]

5/21(日) 15:47配信

THE TENNIS DAILY

 イタリア・ローマで開催されている「BNL イタリア国際」(WTAプレミア5/5月15~21日/賞金総額307万6495ユーロ/クレーコート)の女子シングルス準決勝で、第6シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第15シードのキキ・バーテンズ(オランダ)を7-5 6-1で下して決勝進出を決めた。

強いメンタルを見せたハレプがムラデノビッチを倒して2連覇 [ムトゥア マドリッド・オープン]

 この結果でハレプは、クレーコートでの連勝記録を10に伸ばした。ハレプは決勝で、世界ランク11位で第8シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)と対戦する。

 ハレプは第1セットで5-4とリードするも、自身のサービスゲームで5度のセットポイントを奪えずこのゲームを落とした。ハレプは指で頭を叩き「目を覚ませ」と言わんばかりのしぐさを見せた。しかし続く第11ゲームでバーテンズのサービスゲームのブレークに成功。第12ゲームはラブゲームでサービスゲームのキープに成功し、このセットを7-5で奪った。

 第2セットは小雨がぱらつく中、ハレプは世界ランク20位のバーテンズを圧倒し、6-1でこのセットを奪って試合を決めた。この試合でバーテンズが31本の凡ミスをおかしたのに対し、ハレプは9本にとどまった。

 ハレプは前週のマドリッド(WTAプレミア・マンダトリー/クレーコート)でタイトルを獲得し、世界ランク4位に浮上している。

 もう1つの準決勝のスビトリーナと昨年全仏覇者のガルビネ・ムグルッサ(スペイン)の対戦では、試合開始20分後にスビトリーナが4-1とリードしたところでムグルッサが首の故障を理由に途中棄権したため、スビトリーナの決勝進出が決まった。この勝利でスビトリーナは、今季のツアーで最高となるマッチ30勝目を飾った。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo:ROME, ITALY - MAY 20: Simona Halep of Romania celebrates winning her semi final match against Kiki Bertens of the Netherlands in The Internazionali BNL d'Italia 2017 at Foro Italico on May 20, 2017 in Rome, Italy. (Photo by Gareth Copley/Getty Images)

最終更新:5/21(日) 16:51
THE TENNIS DAILY