ここから本文です

【MotoGP】ロッシ、ザルコの大活躍は”大きな驚き”「優勝を争うことになるだろう」

5/21(日) 12:42配信

motorsport.com 日本版

 テック3ヤマハのルーキーであるヨハン・ザルコは、フランスGPの予選で大活躍。3番グリッドを占めた。彼は予選Q1でダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)を交わしてQ2に進出すると、フロントロウを独占したヤマハ勢の3台の一角を占めたのだ。

【リザルト】MotoGP フランスGP予選結果

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、ポールシッターで彼のチームメイトであるマーベリック・ビニャーレスと、ザルコに挟まれる形で決勝レースのスタートを切る。そのロッシは、フリー走行4回目(FP4)のロングランペースを考えれば、ザルコはワークスチームの2人を脅かす可能性があると考えている。

「ザルコは大きな驚きだったと思う」

 ロッシはそう語った。

「”驚き”とは、みんなが彼が速くなることを期待していたということだ。なぜなら、彼は2回も(Moto2クラスで)世界チャンピオンになったんだからね」

「しかし、彼はそれ以上のことをやった。彼はいつもとても強く、とても速くバイクを走らせる。FP4のロングランを見ると、彼は良いペースで走るだろう。だから、彼は勝利のため、もしくは表彰台を目指して戦うことができると思う」

 ビニャーレスも、ロッシと同意見だ。

「今日見たモノから考えると、彼は明日、僕らと先頭を争うことになるだろうと思う」

 そうビニャーレスは語る。

「彼は良い仕事をしているし、こういうことを続けていかなきゃいけない」

 ザルコ自身も、決勝で素晴らしい結果を得ることができると考えている。表彰台の可能性について尋ねられたザルコは、次のように語った。

「バイクにはポテンシャルがある。昨シーズンを分析すれば、(ホルヘ)ロレンソとバレ(ロッシの愛称)がとても強かったことがわかる。ならば、なぜ(表彰台を期待)できないんだい?」

 ザルコが今季走らせているマシンは、昨年ヤマハのワークスチームが使い、ロレンソとロッシが乗っていたモノである。

「もしバイクをうまく使えるなら、このポジションにいなければならない。明日は、とても良いチャンスだ」

Valentin Khorounzhiy