ここから本文です

ティエム 3大会連続決勝ならず、ジョコビッチに5連敗<男子テニス>

5/21(日) 12:06配信

tennis365.net

BNLイタリア国際

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は20日、シングルス準決勝が行われ、第8シードのD・ティエム(オーストリア)は第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に1-6, 0-6のストレートで完敗し、バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)、ムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)に続いて3大会連続の決勝進出とはならなかった。

【ジョコvsズベレフ 1ポイント速報】

準々決勝でクレーの絶対的王者R・ナダル(スペイン)を下したティエムだったが、この日はジョコビッチのサービスゲームを1度も破ることが出来ず、59分で完敗を喫した。

今回でティエムは、ジョコビッチに5連敗となった。

BNLイタリア国際には今年が3度目の出場。昨年は準々決勝で錦織圭にストレートで敗れていた。

23歳のティエムは今季、2月のリオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)でタイトルを獲得。バルセロナ・オープン・バンコ・サバデルとムチュア・マドリッド・オープンの2大会連続で決勝に進出するなど、クレーで好調をキープしていたが、惜しくも3大会連続で決勝に駒を進めることはできなかった。

一方、勝利したジョコビッチは決勝で第16シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。今季早期敗退が相次ぎ不調を脱せずにいたジョコビッチだが、ティエムとの準々決勝では終始危なげない試合を展開し、復活の兆しをのぞかせた。

tennis365.net

最終更新:5/21(日) 12:06
tennis365.net