ここから本文です

名手シャビも絶賛! ヴェッラッティ以外にも“バルサでプレイできるMF“がパリにいる

5/21(日) 18:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

サイズとテクニックを併せ持つ若手MF

これまでPSGの選手でバルセロナのスタイルにフィットするはずと言われてきたのは、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティだ。そのプレイビジョン、正確なパスは高く評価されており、シャビ・エルナンデスと同じような役割を任せられるだろう。

“ネイマール以来の衝撃”だが……

しかし、今回そのシャビが称賛したのはヴェッラッティではない。若きフランスの天才MFアドリアン・ラビオだ。ラビオはPSGでも主力となっており、191cmの高さと足下の柔らかいテクニックなどが高い評価を受けている。

仏『Le Parisien』によると、シャビはラビオについて「ラビオはバルセロナでプレイできるかもしれない。問題なく適応できるはずだよ。彼はどうプレイを組み立てるか、守るか、ドリブルしてアタックするかを理解している。彼は非常に完成された選手だ。ボールを持っている時も持っていない時もいいよね」と絶賛しており、バルセロナでプレイするだけの実力を持つ選手と認めている。

ラビオは今季のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のバルセロナ戦にも出場しており、4-0で勝利した1stレグでは好パフォーマンスを披露。バルセロナが獲得に興味を示しているといった話題もあった。ラビオとPSGの契約は2019年までとなっているが、今後バルセロナに向かうシナリオは実現するか。

http://www.theworldmagazine.jp/