ここから本文です

実は実家暮らしの人気芸人

5/21(日) 2:11配信

ニッポン放送「しゃベル」

5月12日(金)深夜放送の「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」で、実家暮らしの相田が、朝は母に起こしてもらい、身の回りの世話もしてもらっていることを語った。

冒頭、5月7日まであったゴールデンウィークについて話し、三四郎の2人は仕事でスケジュールが埋まり、休みがほとんど無かったという売れっ子の現状を語った。まとまった休みがとれなかった鬱憤からか、小宮はコンビでハイキングに行きたいと提案。「相田がお弁当担当で、オレはレジャーシートと飲み物、トランプを持っていくね!」とノリノリで計画していた。そんな忙しい三四郎にピッタリのサービスがある、と漁師によるモーニングコールサービス“FISHERMAN CALL”(フィッシャーマンコール)が紹介された。

FISHERMAN CALLは、石巻市の若手漁師からなる一般社団法人フィッシャーマン・ジャパンによるサービス。同団体は「未来の世代が憧れる水産業を目指す」という考えのもと活動しており、この取り組みの一環として、早朝に強い漁師の特性を生かしたモーニングコールサービスをリリースした。特設サイトには、5人の漁師のプロフィールと1日のスケジュールが掲載され、それぞれの音声も聞くことができる。

この革新的な企画に、小宮は「男性からのモーニングコールでしょ?女性からが良いよ~」と朝起こしてくれるのは女性がいいと注文。対する相田は、早起きには全く困っていないという。

相田:FISHERMAN CALLは、私には不要ですね。早起きの、“プロフェッショナル母ちゃん”がいるから

小宮:あ~。実家のお母さんね。いつも実家のお母さんに起こしてもらっているもんね

相田:“マザーコール”は凄いからね!

小宮:ダサいなぁー

相田:電話で起きなかったら、直接起こしに来てくれるから

小宮:それ、普通の実家の過ごし方だよ

相田:絶対に起きるからね。無料だし、布団も干してくれるし、ご飯もついてくる。マザーコールは最強サービスだよ

小宮:情けないよ・・・実家なだけだろ?

相田:14日は母の日ということで、皆さんもマザーコールを大事にしていきましょう

小宮:どんなまとめ方だよ!(笑)

この話の流れから、番組では「誰にどうやって起こされたいか」をメールで募集。リスナーからの「“お風呂のタオルとってー!”という声で起こされたい」「髪を乾かすドライヤーの音で起きたい」「悩みながら作詞をしているYUKIが、ボールペンをカチカチさせている音で起きたい」など、妄想を膨らませたメールが届く。相田は「いいね~最高!どんどんメール頂戴よ!」とテンション高く、シチュエーションを想像して胸をときめかせた。

ニッポン放送