ここから本文です

乃木坂46メンバー、高校卒業したのに1日制服で過ごすことに決定!

5/21(日) 2:33配信

ニッポン放送「しゃベル」

毎週月曜~木曜24時から放送中のラジオ番組「ニッポン放送 ミュ~コミ+プラス」から、5月17日(水)深夜放送分の、パーソナリティ吉田尚記と5月限定アシスタント鈴木絢音のオープニングトークを書き起こしでお届けします。

吉田:始まりました。私、アイドルファン評論家・・・アイドル評論家ではないです、ニッポン放送アナウンサー吉田尚記です。

鈴木:ミュ~コミ水曜日期間限定アシスタントの乃木坂46・鈴木絢音です。

吉田:もうなんか、初夏って感じの、それノースリーブというかハーフスリーブですか・・・

鈴木:そうですね・・・。

吉田:足もナマアシって感じでスタジオに登場されていますが・・・。

鈴木:暑くてなんか・・・

吉田:季節が変わるこの時期の5月に、乃木坂46鈴木絢音ちゃんが来てくれて2週経ちました。

鈴木:はい!!

吉田:それでだいぶ乃木坂46の、(ライブの)現場も行ったことあるんですが、ファンの特徴がちょいちょい感じられるようになってきたんですよ。

鈴木:はぁ~~。

吉田:みんなマイルドなのに、基本的に喧嘩とかするタイプ(のファン)じゃないけれども・・・

鈴木:あぁ、そうですね。

吉田:でもおとなしくヤバイものを求めている人が多いんです・・・。意味わかります?

鈴木:あぁそうかもしれない・・・。

吉田:おとなしいだけではなく、おとなしくてヤバイものに反応するタイプ(のファン)。

鈴木:あぁ~~~。

吉田:だけど猛々しいものにはもっと反応しない・・・。そんなファンだと感じ始めていて・・・。

鈴木:なるほど・・・

吉田:それで納得できたことがあるんです。前にもちょっと言ったんですが「イグノーベル賞」という真面目に研究しているけど面白い結果が出たらもらえちゃう賞みたいなのがあるんですが、その「イグノーベル賞」を受賞した日本人の馬渕教授って人が乃木坂のディープファンだったんですよ。前ちょっと話しした気が・・、覚えてますよね?

鈴木:はい!もちろんです!

吉田:そういえば、そういうやっぱりすんごい業績をあげるって人が、やっぱり乃木坂46のファンだって言ってたの思い出しまして・・・。

鈴木:おおー、なるほど。

吉田:あと、平野美宇ちゃんってわかります?

鈴木:わからないです・・。

吉田:卓球で、こないだ世界チャンピオンになった人です。

鈴木:ひぇえー!

吉田:その平野美宇ちゃんと一回だけ僕番組やったことあるんですけど、平野美宇ちゃんも「乃木坂好き」って言ってましたそういえば笑。うわー!みたいな。

鈴木:ええー!嬉しい~!

吉田:だから(乃木坂ファンは)マイルドな過激派が多いなっていうことが分かったんです。そんな乃木坂46のファンの人に聴いてもらう番組として、なぜ乃木坂のメンバーいっぱいいる中で鈴木絢音ちゃんに来てもらってたかと言うと。今日話を聞いてて『あ、この人もマイルドな過激派だからだな』ってのに気付いたんですよ。

鈴木:はい笑。

吉田:そんな鈴木さん、今週変な衝動に襲われてるんでしょ?

鈴木:制服を着たい衝動に駆られてます笑!!

吉田:えっと、すいません、今おいくつでしたっけ?笑

鈴木:今18で、こないだ高校卒業しました!

吉田:だったらまあ着てもおかしくはないけれども、やっぱり高校卒業してから制服着るの結構タブー感あるよね?

鈴木:そうですね、バレたら怖いなーみたいな笑!

吉田:バレたら怖い?

鈴木:そうなんですよ!

吉田:鈴木さんだと分かんなかったら「あー、普通の可愛い女子高生が歩いてるな」しか思わないけどバレたらやばいと?

鈴木:「乃木坂の鈴木さんですよね?」って声かけられたらもう恥ずかしくて死んじゃうなって笑。

吉田:「あいつ高校卒業してるはずだぜ!」みたいな?

鈴木:そうですそうです笑!

吉田:今葛藤してるわけ?

鈴木:葛藤してます・・・。

吉田:あのー、僕なんかの提案としては「別にいいんじゃねえか説」

鈴木:あぁ、本当ですか!?

吉田:僕らからすると全然なんの違和感もないですもん。「ああ、18歳の女の子が制服を着て来た、ああなるほど」って言う風にしか思わない・・・じゃあ来週着て来ます?

鈴木:本当ですか来週!?

吉田:僕らとしては、私服ですからうちの番組。私服としての制服を着ていただく分には全然構わないですよ。

鈴木:あ、そっか!

吉田:その代わりちゃんと前の仕事からその格好で来てもらってもいいですか?着替えるとか無しで!

鈴木:あ、分かりました!水曜日は制服で過ごす!分かりました!

吉田:よし笑!

鈴木:それで行きます!

吉田:それで行きましょう!こういうことを提案されるのを待ってるタイプだと思うんですよね。

鈴木:あー、そうかもしれないですね。

ニッポン放送