ここから本文です

女装男子が急増中? 常連客「変身すると積極性が増す」

5/21(日) 15:40配信

AbemaTIMES

 今、一部の若者の間で、男性の“女装”が人気を博している。

 恵比寿駅近くのマンション一室にある写真スタジオ「ZOOM」には2時間2万3000円の価格設定にも関わらず、予約が途切れない人気ぶりだ。

 ZOOMの経営者・池田奈保実さんは、スタジオを開く3年前まで美容室に勤務。その経験から「メイクで重要なのは目元」と語る。1時間のメイクを終えカツラを着用すると“美人”が完成。ブラジャーも着用するこだわりで、最後は様々なポーズでかわいい自分を写真に残していく。

 ZOOMに通い始めて2年というサラリーマンの池田文也(27)さんは、自宅のベッドもカーテンもピンク一色で「カワイイものが好き。自分の趣味です」と笑顔。カワイイもの好きがきっかけで女装をするようになったという。

 常連客の中には「素の状態だと引っ込み思案なところがあるけど、変身すると積極性が増す。変身が終わった後も、そのモチベーションが普段の生活でキープできる」。このスタジオでは女性の男装も行っている。

 渋谷の若者に女装男子について聞いてみると「嫌だ。男らしくいてほしい」「SNSの人はかわいいなとか似合ってるなとか思うけど、一緒にいて自分よりも可愛かったらキツい」と女性からは戸惑う声が聞かれた。

 だが、一方で「男性がメイクをするのは全然ありな時代だと思う」「自分が女装したらどんな感じになるんだろうって興味はある」「メイク・ファッションとかひとつのことに向かって頑張っているのはカッコイイと思う」と好意的な意見も。

 人々の“変身”が増加した背景には「SNSの影響」「タレントの女装・男装」「漫画・アニメの男装・女装キャラ」「ハロウィンで仮装することで、仮装への抵抗感の低下」が考えられる。(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:5/21(日) 15:40
AbemaTIMES

Yahoo!ニュースからのお知らせ