ここから本文です

【MLB】米専門家が予想、大谷翔平はレンジャーズ移籍が「どの球団より可能性が高い」!?

5/21(日) 15:18配信

Full-Count

過去にダルビッシュら多くの日本人選手獲得のレンジャーズは「何をすべきか分かっている」

 今季終了後にもポスティングシステム(入札制度)でメジャー挑戦に踏み切る可能性が出ている日本ハムの大谷翔平投手について、レンジャーズが移籍先の「最有力」と米メディアが予想している。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

「レンジャーズがショウヘイ・オオタニを獲得できる可能性はどのくらい? テキサスは投手と同様に、彼を打席に立たせるべきか?」とのタイトルで伝えたのは、地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」だ。ESPNラジオで同メディアのアナリスト、ティム・カージャン氏が述べた内容について報じており、二刀流で起用される可能性についても言及している。

 記事では、大谷について「MLB以外で最もホットな選手は日本のショウヘイ・オオタニだ。彼に日本のベーブ・ルースと呼ばれている」と紹介。現在、ダルビッシュ有投手が絶対的エースとして君臨するレンジャーズは「過去に日本人選手獲得に関して運に恵まれていた」として、「オオタニに対しても優位に立てるだろうか。レンジャーズはどの球団よりも可能性が高いとESPNのティム・カージャンは水曜日に述べている」と伝えた。

 同紙によると、カージャン氏はESPNラジオの中で「彼については良いことしか聞いていない。同地域の選手に対する我々の調査によると、博打的ではないことが分かってきている。私がこの選手について耳にしたことよると、彼は“違いをもたらす男“だ。そして、いつものように、最も資金を持つ球団にやってくるだろう」と指摘。新労使協定の中では、現状で大谷獲得に多くの費用はかからないが、それでも資金力のある球団が有利だという。

メジャーでの二刀流継続は「今日のような試合の運営法では」困難も…

 そして、日本ハムの先輩でもあるダルビッシュをポスティングで獲得するなど、過去に多くの日本人選手が所属してきたレンジャーズは、有力候補の1つになると分析。もっとも、当然、一筋縄ではいかないというのが、カージャン氏の見方だ。「明らかにレンジャーズは優位に立っている。彼らは何をすべきは分かっている。彼らはどの球団よりも可能性が高いと思うよ」としつつ「しかし、海外選手との契約は本当に、本当に厄介だ。我々は何度も踊らされてきた」とも言及している。

 大谷“争奪戦”の中でポイントの1つになりそうなのが、メジャーでも二刀流を容認するかという点。ポスティングシステムは大谷がメジャー挑戦する前に改正される可能性が高まっているが、現状では、入札金の最高額(現在は2000万ドル=約22億2700万円)を支払える全てのチームと契約交渉が可能となっている。そのため、FA選手のように球団から提示された条件を比較し、移籍先を選ぶことができる。大谷がメジャーでの二刀流の継続を望めば、容認する球団が有利となる可能性もある。

 記事では、大谷が「偉大な投手であり、ホームランヒッター」だと紹介。ただ、カージャン氏は「(メジャーで)本当にそのようなこと(二刀流)を成し遂げたのは、ベーブ・ルースのみだ。だから彼は統計的に見て史上最も偉大な選手なんだ。彼に並ぶ選手はいない。再び誰かがベーブ・ルーズになれるとは思わない。今日のような試合の運営法ではね」と、現代野球で二刀流での成功は困難だと明言する。大谷についても、どちらかを選ぶ必要があるとして、「彼は投手を選ぶと思う」と予測。ただ、獲得を狙うレンジャーズが二刀流を容認するかについて聞かれると、「僕だったら彼を獲得するためなら何でもする。それから、彼への対応を解明する」と“特例”を認める可能性があるとしている。

 すでにメジャー球団から最大級の評価を受けている大谷。各チームがあらゆる方法で口説きにかかるのは確実だ。今季限りで契約満了となるダルビッシュが残留となれば、それも大谷の決断に影響を与えるあるかもしれない。レンジャーズが獲得する可能性はあるのか。今季は負傷で離脱している二刀流右腕だが、シーズンが深まるにつれ、その動向に注目度が高まっていくことは間違いない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/21(日) 15:18
Full-Count

スポーツナビ 野球情報