ここから本文です

パンサー向井、VRでAV男優を疑似体験 視聴者から「史上最低」「地獄絵図」の声

5/21(日) 17:00配信

AbemaTIMES

 お笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』にお笑いトリオ・パンサーがゲスト出演した。

 同番組は万が一、藤本が不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストが藤本とやっておきたい10のことを叶えていくというバラエティで、この日の1つ目のリクエストとして向井慧が「VRでAV男優を疑似体験したい」というお題を提案した。

 向井はこのリクエストをした理由について「興味あるんですよ。すごいって聞いて。VRのAVが。機器ってなかなか手に入らないじゃないですか。ぜひフジモンさんと。フジモンさんもなかなかご家庭では見られないじゃないですか。やっぱりご結婚されてるんで。こういう機会じゃないとみられないかなって」と説明。大手AVメーカー・ソフトオンデマンドの作品をVRで体感することとなった。

 向井はVRの機器を装着すると床に寝転がり「う~わ!う~わ!うわ~!」と連発。いったん機器をはずし「やばいやばい。セックスセックス。めちゃくちゃセックスしてる。ここにいるんですよ。ここで上下です」と興奮状態となった。

 次に尾形貴弘が危機を装着すると「やばいこれは。すごいぞ」とやはり大興奮。舌までペロペロ動かし、この日のアシスタントの都丸紗也華は「いやだ~~」と悲鳴をあげていた。

 いよいよ藤本が体験する際には、パンサーのメンバーと鰻和弘を女性に見立てながら映像の状況を説明。都丸も試してみると「すごい。こんなの見てたんですか?これ、ダメですよ。すごいですね、リアル」と感想を述べた。

 これを受けて視聴者からは「Abema史上最低」「地獄絵図過ぎる」などのコメントが届いていたようで、藤本は「もっと結婚せえへん男が増えますよ」とまとめた。
(AbemaTV/『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』より)

最終更新:5/21(日) 17:00
AbemaTIMES