ここから本文です

元メジャーリーガー岡島秀樹氏 MLB時代の横浜DeNAロペスに「もっと全然やせていた」

5/21(日) 19:30配信

AbemaTIMES

 日本、アメリカ両国で各球団を渡り歩いた元プロ野球選手の岡島秀樹氏(41)が、横浜DeNAホセ・ロペス内野手について、メジャーリーグ時代は「もっと全然やせていました」と当時の様子を明かした。

 5月21日に横浜DeNA対巨人の9回戦で、AbemaTVの中継で解説を担当。横浜DeNA、巨人両方に在籍したこともある岡島氏は、ロペスとメジャーリーグ時代に対戦したことがあるという。主砲の筒香嘉智外野手(25)が股関節の違和感のため4試合連続で欠場する中、4番を務めている助っ人について「彼は僕がボストンにいたときにシアトルで戦ったことがあるんです。当時からいいバッターでしたが、今よりもっとやせていましたよ」とコメントした。

 岡島氏は「メジャーでは、若い時は細い人が多い。そこからトレーニングをして、筋肉で体を大きく、ゴツくしていく。本当にトレーニングしますからね、彼らは」と自身の経験も踏まえた海外選手事情を語った。なお、2015年に横浜DeNAに在籍した際、ロペスと同僚になっている。その時も「ちょっと太ったね」と直接話をしたそうだ。

最終更新:5/21(日) 19:30
AbemaTIMES

Yahoo!ニュースからのお知らせ