ここから本文です

ヤクルト、ルーキの敬遠大暴投で決勝点献上 “自滅”で連勝4でストップ

5/21(日) 21:26配信

Full-Count

捕手中村のはるか頭上を通過し三塁走者が生還、阪神は連敗3で止める

 ヤクルトは21日、本拠地での阪神戦でまさかの展開で4-5で敗れ、連勝は4で止まった。7回に2番手ルーキが敬遠で暴投。決勝点を献上した。首位阪神は連敗を3で止めた。

 ヤクルト星、阪神小野とルーキー同士の投げ合いで始まった一戦。ヤクルトが2回にバレンティンの2ランで先制すると、阪神は直後の3回に高山、上本の連続ソロ弾で同点に追いついた。それでも、ヤクルトはその裏に坂口の移籍後初本塁打で勝ち越し、5回には山田のタイムリーで追加点。2点リードとした。

 星は4回から6回まで無安打投球。7回も続投したが、1死から四球と二塁打で二、三塁とされる。ヤクルトはここでルーキをマウンドへ送るも、高山、上本に2者連続タイムリー内野安打を許し同点。星の白星が消えた。

 続く糸井は一ゴロで2死二、三塁に。続く福留の打席で、まさかの出来事が起きた。ヤクルトは敬遠を選択したが、2ボールからの3球目が、立ち上がっていた捕手・中村のはるか頭上を通過。中村は必死にジャンプするも届かず、まさかの大暴投で三塁走者が生還して、勝ち越し点を献上した。

 最後の1球は中村が座ってボールゾーンに構え、福留を歩かせた。ルーキは続く中谷を二飛に打ち取ったが、ヤクルトはこの回“自滅”で逆転を許した。

 5回途中から桑原を投入していた阪神は7回を岩崎、8回をマテオ、9回をドリスとつなぐ。ヤクルトは9回にドリスから1死満塁の絶好機を作るも、山田、雄平が連続空振り三振。ヤクルトの連勝はまさかの形でストップした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/21(日) 21:40
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ