ここから本文です

鉄くずの中から不発弾 30世帯が避難 小田原

5/21(日) 7:28配信

カナロコ by 神奈川新聞

 20日午前11時半ごろ、神奈川県小田原市浜町4丁目の金属リサイクル会社の男性従業員から「回収した鉄くずの中から不発弾のようなものが出てきた」と110番通報があった。

【写真】警戒線が張られた不発弾発見現場周辺

 小田原署によると、不発弾は直径約8センチ、長さ約60センチ。米国製とみられ、ショベルカーで鉄くずを持ち上げた際に見つかったという。県警から連絡を受けた陸上自衛隊がケースに入れて処理した。

 同署は現場から半径50メートル以内の約30世帯に対し、約4時間半にわたり避難を呼び掛けた。愛犬を連れ、家族4人で近くの公園に避難した男性会社員(43)は「もし爆発したらどこまで影響するか分からないので、火の元だけ確認してすぐに避難した。何も起きなくて良かった」と話した。