ここから本文です

東京人が語る大阪の魅力、心斎橋で

5/21(日) 11:00配信

Lmaga.jp

雑誌『リラックス』や『クウネル』などに携わってきた編集者の岡本仁さんが、自分の住む街・東京の街歩きを記録した書籍『東京ひとり歩き ぼくの東京地図』(京阪神エルマガジン社刊)を上梓。その刊行記念イベントが5月26日、「スタンダードブックストア心斎橋」(大阪府中央区)で開催される。

これまで鹿児島や香川、岡山と書籍『BE A GOOD NEIGHBOR ぼくの●●案内』シリーズ(ランドスケーププロダクツ刊)で地方のガイドをしてきた岡本さん。「4年前か5年前に『ハナコ・フォー・メン』という雑誌で連載をしませんかと誘われ、内容について考えているうちに『東京らしい風景って何だろう?』という疑問が湧いた。それを主題にして書いてみたことがこの本の基礎になっている」とあとがきにあるように、東京をひたすら歩き、考え、写真を撮りながらまとめて、岡本さんならでは視点で東京を語っている。

今回のイベントは『ぼくの大阪ひとり歩き入門』と題したトークショー。岡本さんが大阪の魅力を知るきっかけとなった『歩いてめぐる大阪本』(京阪神エルマガジン社刊)の編集者・藤本和剛さんが聞き手となり、街場トークが繰り広げられる予定だ。時間は19時半から、参加費は1ドリンク付きで1500円。

最終更新:5/21(日) 11:00
Lmaga.jp