ここから本文です

太公望400人、大物狙う 井口でヘラブナ釣り大会

5/21(日) 22:14配信

北日本新聞

 南砺ふれあいヘラブナ釣り大会が21日、南砺市井口地域の赤祖父湖であり、市内外の約400人が釣果を競った。

 井口地域自治振興会や日本へら鮒(ぶな)釣研究会高岡支部、市井口行政センターなどでつくる実行委員会(小林加津實委員長)が毎年開き、29回目。

 一般(中学生以上)、少年(小学生以下)の両部門で、釣り上げた魚の総重量を競った。女性が対象となるレディス賞や、魚の大きさを競う大物の部も設けられた。

 参加者は釣り糸を垂らし、魚が掛かると、素早くさおを引き上げていた。北日本新聞社協賛。

 ▽一般(1)滝内成典(富山)(2)直井省人(南砺)(3)荒山進二(同)▽少年(1)城川煌斗(富山)(2)永榮凌大(金沢)(3)三輪虎太郎(小矢部)▽大物(1)中島剛(南砺)▽レディス(1)永榮恵美(金沢)(2)中野暢子(3)三輪ユカリ(小矢部)

北日本新聞社

最終更新:5/21(日) 22:14
北日本新聞