ここから本文です

ヤクルト、投打が噛み合い4連勝!真中監督「いい流れができている」

5/21(日) 8:00配信

ベースボールキング

○ ヤクルト 8 - 3 阪神 ●
<8回戦 神宮>

 ヤクルトが9安打8得点と効率よく得点を奪い、今季初の4連勝を決めた。

 ヤクルトは1点を追う3回、雄平、今浪隆博のタイムリーで4点を奪い逆転に成功。3点リードの6回には山田哲人の第5号3ランが飛び出し、リードを広げる。

 先発・小川泰弘は走者を出しながらも、6回まで阪神打線を1点に抑える。しかし、7回3本の安打などで一死満塁のピンチを招くと、ここで降板。2番手でマウンドにあがった近藤一樹が、中谷将大に押し出しの死球、高山俊に犠飛を打たれ2点を失った。

 阪神に流れが傾きかけていたがその裏、中村悠平がタイムリー二塁打を放ち、勝利を確実なモノにした。8回からは3番手で登板したギルメットが、2イニングを無失点に抑えた。

 真中満監督は「先発がゲームを作って、野手がそれに応える。打つ方もそうですけど、守備がしっかりみんな守れています。いい流れができていると思います」と勝利に満足した様子。また、「3人(ルーキ、石山、秋吉)を使いたくなかったので、野手が追加点をとることによって、有利というか継投ができました。本当に助かりました」と野手陣に感謝した。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 17:05