ここから本文です

若松勉氏がみたプロ初先発の阪神・小野泰己

5/21(日) 21:50配信

ベースボールキング

 21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 阪神 - ヤクルト戦』で解説を務めた若松勉氏が、同日のヤクルト戦にプロ初登板・初先発を果たした阪神のドラフト2位ルーキー・小野泰己の投球について解説した。

 小野は真っ直ぐに力があるが、変化球の制球に課題を抱え、試合前に香田勲男投手コーチは「投げてみないとコントロールが分からない。送り出す方もドキドキです」と話していた。

 その心配は杞憂に終わる。小野は初回、3番の山田哲人からフォークで空振り三振に仕留めるなど、三者凡退に打ち取る最高の立ち上がり。若松氏は山田を三振に打ち取った場面について「追い込んでからフォークボールでしたよね。キレのある落ちるボール。なかなかいいスタートですよね」と評価した。

 1回を3人で打ち取った小野だったが、2回は雄平に内野安打で出塁を許すと、続くバレンティンにバックスクリーンに先制の2ランを浴びる。同点に追いついてもらった直後の3回も、この回先頭の坂口智隆に被弾。同点に追いつかれたが、山田から2打席連続三振に斬って取るなど、後続はきっちりと抑えた。続く4回は二死満塁のピンチを招いたが、前の打席に本塁打を打たれた坂口を一ゴロに仕留め無失点で切り抜けた。

 しかし5回、先頭の藤井亮太に内野安打で出塁を許すと、続く山田哲人にセンター前タイムリー。小野は雄平を打ち取り、バレンティンを迎えたところで降板。プロ初登板は4回1/3を投げ、8安打、5奪三振、1四死球、4失点。その後、打線が2点を追う7回に3点を奪い逆転に成功し、勝敗はつかなかった。

 若松氏はプロ初登板の小野の投球に「アウトコース、インサイドをきっちり投げ分けて、なかなかいいボールを放ってました。追い込んでからフォークボールもありましたから、時々スライダーを良いところに投げていました」と分析。さらに、試合前に心配された制球力に関しては「それは消えたでしょう」と話した。

 若松氏は「これからどんどん放って、自信を持っていくと怖いピッチャーになっていきますよね。先発ピッチャーが1人足りないので、ローテーションに入ってくると思いますね」と今後の投球に期待を寄せた。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/25(月) 5:45