ここから本文です

ローマ5発、ナポリ4発勝利 優勝目前ユベントスに最後のプレッシャー

5/21(日) 9:54配信

ゲキサカ

 セリエAは20日、第37節を行った。ローマは敵地でキエーボと対戦。前半15分に失点、同点に追いついた同37分にも失点するなど、2度の先行を許したローマだったが、前半のうちに同点とすると、前半に得点したFWステファン・エル・シャーラウィとMFモハメド・サラーが後半にも加点。得点王目前のFWエディン・ジェコも後半38分にダメを押すと、キエーボの反撃を1点にしのぎ、5-3で競り勝った。

 3位のナポリはホームでフィオレンティーナと対戦し、4-1で勝利した。前半8分にDFカリドゥ・クリバリのゴールで幸先よく先制すると、同36分にFWロレンツォ・インシーニェが加点。後半にはFWドリース・メルテンスが2ゴールを決めて突き放し、快勝した。

 この結果、21日に試合を残す首位ユベントスと2位ローマの勝ち点差は暫定で「1」、ナポリとは同「2」に縮まった。ただしユベントスはホームでクロトーネに勝利すれば、自力で6連覇を決めることになる。キックオフは日本時間22時。

 同日行われる試合では日本代表FW本田圭佑の所属するミランがホームでボローニャと、同DF長友佑都の所属するインテルは敵地でラツィオと対戦する。ヨーロッパリーグ(EL)出場枠を争うフィオレンティーナが敗れたことで、一層ミラノの2チームの戦いに注目が集まることになりそうだ。ミランの試合は日本時間22時、インテルの試合は同翌22日3時45分にキックオフする。

最終更新:5/21(日) 9:54
ゲキサカ