ここから本文です

玉田が値千金の逆転V弾!試合巧者・名古屋が好調の愛媛を撃破、今季2度目の連勝

5/21(日) 18:00配信

ゲキサカ

[5.21 第15節 愛媛1-2名古屋 ニンスタ]

 J2リーグは21日、第15節を各地で行った。ニンジニアスタジアムでは愛媛FCと名古屋グランパスが対戦し、2-1で名古屋が逆転勝利した。

 今季2度目の連勝を目指す名古屋は前半5分、右サイドからスローインを受けたMF玉田圭司がMF青木亮太とのワンツーでPA内に侵入して左足シュート。10分には、MF和泉竜司が右からカットインして左足ミドルを放つが、惜しくもゴール右に外れた。

 劣勢の愛媛は前半12分にFW河原和寿がチームのファーストシュートを放ち、悪い流れを絶ち切ると27分にワンチャンスを確実にモノにする。河原がミドルシュートを放つと見せかけて、FW近藤貴司の動き出しに合わせて浮き球パス。完全に裏に抜けた近藤がトラップから右足シュートを決め、愛媛が先制に成功した。

 1点ビハインドの名古屋は反撃に出ると、前半のうちに同点に追いつく。44分、くさびのパスをFWシモビッチがPA手前でおさめて横に叩くが相手に当たってしまう。それでもこぼれ球がMF田口泰士の足もとに入り、そのまま右足シュートを流し込み、1-1と試合を振り出しに戻した。

 失点して前半を終えた愛媛は後半の立ち上がりから反撃に出ると、3分に右からMF小暮大器が絶妙なグラウンダーのクロスを入れるもFW有田光希にわずかに合わず。11分には、MF小島秀仁のスルーパスで抜け出した河原にGKと1対1の絶好のチャンスが訪れたが、右足シュートはGK楢崎正剛のファインセーブに遭った。

 名古屋は後半13分にFW杉森考起に代えてMF八反田康平をピッチに送り込む。すると、直後に待望の一発が決まる。シモビッチのパスで右サイドの裏を取った八反田が中央に折り返すと、ニアに走り込んだ玉田が左足で押し込み、2-1。玉田の2試合連続ゴールで名古屋が逆転した。

 愛媛は後半21分にFW丹羽詩温、26分にFW西田剛と攻撃的な選手を投入し、攻め込むシーンを多く作ったが、焦りからかオフサイドが目立つ。5連勝中のホームでサポーターの声援を力に最後まで諦めない姿勢を示したが、GK楢崎を中心とした守備を崩すことができず、試合は1-2のままタイムアップ。愛媛は連勝が3でストップした。

最終更新:5/21(日) 18:00
ゲキサカ