ここから本文です

途中出場の15歳久保が冷静に決勝アシスト!!「『後ろ』という声があったので」

5/21(日) 19:10配信

ゲキサカ

[05.21 U-20W杯GL第1節 U-20日本 2-1 U-20南アフリカ 水原]

 堂々たる世界デビューを飾った。U-20日本代表は1-1の後半14分にFW久保建英(FC東京U-18)を投入すると、その直後のファーストプレーでFW小川航基に絶妙なスルーパスを通す。これは相手GKのビッグセーブに阻まれたが、後半27分、久保の冷静なアシストから決勝点が生まれた。

 MF堂安律からのパスに反応した久保がPA内左に走り込むと、ワンタッチでマイナスに折り返し、堂安が左足でシュート。これがゴール右隅に突き刺さり、2-1と逆転に成功した。

「堂安選手からのパスはちょっと大きくなったけど、その分、クロスを上げるときに余裕ができた。(相手に)日本語が通じないというのもあって、堂安選手から『後ろ』という声があったので、あとは合わせるだけだった」

 試合直後のインタビューで決勝点のシーンを冷静に振り返った15歳は自身初の世界の舞台を勝利で終え、「思っていたとおりレベルが高くて、個々の球際で圧倒される場面もあったけど、チーム一丸となって初戦を勝利で飾れたのは大きい」と胸を張った。

 大会は中2日の連戦で24日にウルグアイ戦、27日にイタリア戦と続く。「チームとして個人として、初戦の出来はまずまずだったと思うので、さらにギアを上げて、次もいい試合をして余裕を持って3戦目を迎えたい」と、早くも次の試合へ視線を向けた。

最終更新:5/22(月) 1:40
ゲキサカ