ここから本文です

36歳二川孝広の今季が開幕…闘莉王とは“らしい”エピソード、旧交を温める場面も

5/21(日) 20:11配信

ゲキサカ

[5.21 J2第15節 東京V 1-2 京都 味スタ]

 第2節以来のベンチ入りを果たしていた東京ヴェルディのMF二川孝広が今季初出場した。背番号32は1-1の同点で迎えた後半29分、MF梶川諒太との途中交代で登場。G大阪からのレンタル移籍期間を延長して臨んでいる今季がようやく開幕した。

 旧交を温める場面が見られた。後半開始前、ハーフタイム練習から引き上げる二川にDF田中マルクス闘莉王が近寄り、一言二言談笑。「久しぶりといった感じですね」。そして二川がピッチに立つと、闘莉王からは「出てくんなよ!」と言われたのだという。「俺がファウルした場面だったので、注意されたんかなと思ったんです、一瞬」。寡黙でまじめな二川らしいエピソード。試合後のミックスゾーンではMF橋本英郎、京都FW大黒将志の、かつてG大阪の黄金期を支えた3人で記念撮影する姿も見られた。

 しかしチームは同35分に決勝点を献上して逆転負け。36歳のベテランMFは「ボールを受けて、ゲームを落ち着かせてくれと言われていた。もう少し前に行かないといけなかった場面もあったのかなと思います」と悔しさをかみしめると、「(自分自身も)チャンスをものにしていかないといけない。練習からしっかり取り組んでいきたいなと思います」と巻き返しを誓っていた。

最終更新:5/21(日) 20:27
ゲキサカ