ここから本文です

仲間を信じて送ったラストパス、同点弾アシストの岩崎悠人「誰かいるだろうと…」

5/21(日) 23:11配信

ゲキサカ

[05.21 U-20W杯GL第1節 U-20日本 2-1 U-20南アフリカ 水原]

 仲間がいることを信じて送ったラストパスだった。0-1と1点のビハインドを背負って迎えた後半開始早々の3分、U-20日本代表FW岩崎悠人(京都)はグラウンダーのクロスからFW小川航基(磐田)の得点をお膳立てした。

 左サイドでボールを受けた岩崎はDF舩木翔(C大阪)と、「出して動いたら、パスが来ると分かっていた」と鮮やかなパス交換から敵陣深くへと進入。ゴールラインを割るかと思われたボールを中央に折り返したものの、ここで岩崎は「中を見ていない」と振り返る。「とにかく中にいるというのは信じていたので、強めのパスを出そうと思った」と送られたボールに反応した小川が左足で合わせてゴールを陥れ、チームに勢いをもたらす同点ゴールが生まれた。

 アシストの場面以外でも、岩崎はピッチ狭しと動き回り、持ち味のスピードを存分に発揮した。身体能力の高い南アフリカを相手にしても、「スピードが通用する感覚はあったし、タイミングさえずらせば全然かわすこともできた」と自信を覗かせる。

 しかし、一方で「クロスが合わなかった場面が結構あった」と唇を噛み、後半22分のDF初瀬亮のクロスから放ったダイビングヘッドが「あれは(首を)振ってしまった。決めたかった」とゴール左に外れたこともあり、決して満足することはなかった。

最終更新:5/22(月) 1:33
ゲキサカ