ここから本文です

歩くって気持ちいい ウオークラリー大会・松前町

5/21(日) 17:30配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛国体のホッケー会場や神社などを巡るウオークラリー大会が21日松前町内であり、親子連れやお年寄り約80人が約3.7キロのコースを歩いて爽やかな汗を流した。
 参加者は北伊予小学校(神崎)を出発。コース図を頼りに足を進め、寺や神社といった四つのチェックポイントでクイズなどの課題をこなしていった。
 国体イヤーとあって、ホッケー少年男女の会場となる町ホッケー公園ホッケー場(鶴吉)もチェックポイントの一つ。ここでの課題は「ホッケー体験」で、参加者は県成年男子チームの選手にパスやドリブルの基本を教わり、本格的な人工芝のコートで伸び伸びと体を動かした。
 参加した松山市番町小5年女子児童(10)は「歩くのが気持ち良かった。ホッケーはボールを打つだけでも難しかったけど、友達とパス交換ができて楽しかった」と元気よく話した。
 大会は日本レクリエーション協会の「あそびの日」キャンペーンの一環で、松前町レクリエーション協会が主催。6月4日には松山市で夏目漱石、正岡子規ゆかりの場所を回るウオークラリー(市レクリエーション協会など主催)もある。

愛媛新聞社

最終更新:5/22(月) 9:30
愛媛新聞ONLINE