ここから本文です

福井晶一、3度目のジャン・バルジャンに挑む!

5/22(月) 11:15配信

チケットぴあ

1987年の日本初演以来、30周年を迎えるミュージカル『レ・ミゼラブル』。2013年には演出を一新した“新演出版”が上演され、2015年には上演回数3000回を達成と、上演されるたびに話題を呼ぶ人気作だ。2013年からジャン・バルジャン役で出演する福井晶一に、本作にかける思いや意気込みを聞いた。

福井晶一の画像

ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作に、19世紀初頭のフランス動乱期の社会情勢や、民衆の生活を描いた物語。日本初演から30年、変わらず愛され続ける作品の魅力について尋ねると、「一番は音楽。特別なことをしなくても、そのときどきのキャラクターの感情を音楽が表現してくれます。それにオーケストラが素晴らしい。ミュージカルの中でもこれだけ豪華な編成でやることはなかなかないですよね。僕たちもオーバーチュア演奏が始まるだけでテンションが上がります」と語る。

さらにもうひとつの魅力は“普遍的なテーマ”だ。「観終わって劇場を後にしたとき、明日から強く生きていこうって思えたり、希望や光を感じられる作品だと思います。どの人物に感情移入するかは観る人によって異なると思いますが、時代や世代を越えて感情移入できる。僕は20歳の頃に初めて観ましたが、40歳を過ぎた今でもまた違う見方ができるんです。そこが愛され続ける理由のひとつかなと思います」。

バルジャン役はトリプルキャストで、2015年と同じ顔ぶれ。吉原光夫、ヤン・ジュンモと共に日替わりで演じる。「3人それぞれに個性があるので敢えて意識することはありません。お芝居に関しては、自分で劇団や演出もやっている光夫から、また神に対しての思いをクリスチャンであるジュンモから学ぶことがありました。そんな中自分の強みかなと思うのは、劇団四季の頃から大切にしてきた、しっかりと言葉を伝えることです。素晴らしい歌詞をしっかりとお客さまに伝えていく、僕はその使命を担っているなと感じます」。

上演されるたびに進化する演出もさることながら、新キャストが加わるのも楽しみなところ。「新しいキャストが起爆剤になって新たな発見が出てきますし、キャストが変わると芝居も変わるんですよね。新しいメンバーがどんなお芝居をしてくるのか、どう歌うのか、僕もその化学反応がとても楽しみです。役はダブル、トリプルで演じられるので、いろんな組み合わせの妙を楽しんでいただけたら嬉しいですね」。

公演は、5月25日(木)から7月17日(月・祝)まで東京・帝国劇場、8月1日(火)から26日(土)まで福岡・博多座、9月2日(土)から15日(金)まで大阪・フェスティバルホール、9月25日(月)から10月16日(月)まで愛知・中日劇場にて上演。チケットの一般発売は、大阪公演は6月3日(土)10:00より、福岡・愛知公演は6月10日(土)10:00より開始。

取材・文:黒石悦子

最終更新:5/22(月) 11:15
チケットぴあ