ここから本文です

北朝鮮が弾道ミサイル 500キロ飛行、14日に続く発射

5/22(月) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 北朝鮮は21日午後4時59分ごろ、西部の平安南道(ピョンアンナムド)・北倉(プクチャン)付近から東方向に向けて弾道ミサイル1発を発射した。高度約560キロまで上がって約500キロ飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)外の日本海に落下した。国連安全保障理事会が北朝鮮への圧力強化を検討する中、核・ミサイル開発を続ける意思を明確にした。▼4面=対話意識か
 米韓は今回のミサイルについて、北朝鮮が2月12日に北西部の平安北道(ピョンアンプクト)・亀城(クソン)付近から発射した新型弾道ミサイル「北極星2」と類似するとの見方を示した。……本文:1,138文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社