ここから本文です

村田諒太の不可解判定の背景に何があったのか?

5/23(火) 6:40配信

THE PAGE

ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(31、帝拳)がWBA世界ミドル級王座決定戦(20日・有明)で不可解な判定負けしたことが大きな波紋を広げている。4回にダウンを奪い、5回、7回とグロッキー寸前にまで追い込んだ村田が、手数はあったがほとんど有効打を打てずにクリンチなどで逃げまくったアッサン・エンダム(33、フランス)に「1-2」の僅差で判定負けしたのだ。

 海外メディアもこの判定に疑念を呈して、WBAのメンドーサ・ジュニア会長は、自らが採点したこの試合のジャッジペーパーを公開。「公正な採点がされなかったことに怒りと不満がある。私の採点では村田が117-110で勝利した。村田選手と、帝拳、そして日本のボクシングファンにおわびしたい。私はチャンピオンシップ委員会に再戦を要求する」と異例の謝罪、ダイレクトリマッチ(再戦)を認める声明を発表するまでに至った。

 しかし、一度下された判定は、ダウン後のパンチなど明確な反則行為がなければ覆ることはない。

 なぜ、このような不可解な判定が生まれてしまったのか。

 WBAの世界戦のジャッジは3人。1ラウンドごとに優勢な方に10点をつける10ポイント・マスト・システムが採用され、 毎ラウンドごとに、ジャッジペーパーを書き、レフェリーがそれを集めて本部席に提出、それをJBCの役員が、1ラウンドから順に正式なジャッジペーパーに書き写す。ゆえにトータルで、今どちらが勝っているかは、ジャッジのそれぞれの記憶の中にだけ留まっていることになる。この方式が取られているのは、いわゆる“帳尻あわせ”をできないようにするためでもある。

 最終ラウンドも、同じようにジャッジペーパーが回収され、本部席で集計され、スーパーバイザーと立会い人が確認した上で、勝者と最終スコアをメモにして、リングアナウンサーに手渡す。今回、アナウンサーがコールする前に、その最終メモを確認したJBCの関係者も、「勝者・エンダム」の文字を見て、一瞬、「え? 間違いじゃないか」と思ったという。

 WBAのジャッジ問題を調べていくと、不可解判定につながる様々な問題が背景にあることがわかった。

 ひとつ目はジャッジの人選の問題である。ジャッジの3人は、WBAが中立国から選んで指名してくる。遠い国のジャッジを呼ぶと交通費など経費がかさむため、あらかじめプロモーター側からリクエストすることもできるが、基本的には裁量はWBA次第だ。またジャッジ料についても、WBA側が「いくら払いなさい」と事前に通告してくる。これも主催者のプロモーターが直接、その金額をジャッジに支払うことになっている。

 今回、来日したのは、アメリカのラウル・カイズ・シニア、パナマのウスタボ・パディージャ、カナダのヒューバート・アールの3人。シニアは「117-110」で村田、パディージャは「116-111」、アールは「115-112」でエンダムを支持したが、この“とんでも採点”をつけたパディージャは、いわくつきの人物だった。

1/3ページ

最終更新:5/23(火) 18:00
THE PAGE