ここから本文です

【WRC】トヨタのハンニネン「多くを学び、自信を持てた」/第6戦 ラリー・ポルトガル デイ4

5/22(月) 14:57配信

TopNews

5月21日(日)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦 ラリー・ポルトガルの競技最終日デイ4がポルトガル北部で行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC#11号車)が総合7位で、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)が総合9位で、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC#12号車) が総合10位でフィニッシュ。初の3台体制で臨んだラリーで、幾多の困難を乗り越え全車が完走を果たした。

●【WRC】トヨタのラトバラ「病院で点滴・・・キャリアで最も辛いラリー」/第6戦 ラリー・ポルトガル デイ4

■ユホ・ハンニネン (ヤリスWRC #11号車)
総合7位

「今回のラリー・ポルトガルは、前戦のラリー・アルゼンティーナほどではありませんが、それでもかなりトリッキーなラリーでした。

このラリーに対する経験は十分ではありませんでしたが、それでも最後まで走りきりポイントを獲得できたのでハッピーです。もっとも重要なのは、このラリーから多くを学び、そして全体的にクリーンな走りをできたことです。お陰で自信を持つことができました。

今日は、今後に向けていくつか新しいことを試しました。また、ファフェのステージには信じられないほど多くの観客が集まり、素晴らしい経験でした。ラリーを見に来てくれた観客の皆さんにも、感謝の気持ちを捧げたいと思います」。

最終更新:5/22(月) 14:57
TopNews