ここから本文です

ギターウルフ主催〈シマネ・ジェット・フェス〉第1弾出演者にキングブラザーズら決定

5/22(月) 14:51配信

CDジャーナル

 ギターウルフの結成30周年を記念し、メンバー・セイジの地元である島根県の松江市古墳・丘古曽志公園にて10月7日(土)に開催される野外ライヴ・イベント〈シマネ・ジェット・フェス ヤマタノオロチライジング 2017〉の第1弾出演者が発表されています。

 今回発表されたのは、主催者であるギターウルフを筆頭に、西宮発ガレージ・パンク・バンドのキングブラザーズ、“古墳への愛を歌いあげる古墳シンガー”まりこふん、島根県西部(石見地方)や広島県で古くから受け継がれている伝統芸能を舞う多根神楽団(石見神楽)、3月にリリースしたシングル「Fallin Down」が好評のHave a Nice Day!、“ラモーンズのモノマネ劇団”ラモーン部、バルカン音楽に独自のアレンジを加えて奏でるピラミッドスのほか、GASOLINE、THE TOMBOYS、私の思い出、まちゃまちゃ(司会)の全11組。“古墳の丘”というロケーションに相応しいラインナップで、音楽以外にも家族で楽しめる企画が多数用意されています。

 さらに、10月8日(日)には島根・松江 AZTiC canovaにて後夜祭の開催も決定。こちらにはTHE NEATBEATS、ザ・サンダース、ウルフ☆セブンティーンの出演が決定しています。チケットはいずれも6月1日(木)から9日(金)にかけて先行予約を受付。詳細はイベント公式サイトにてご確認ください。

最終更新:5/22(月) 14:51
CDジャーナル