ここから本文です

超特急カイ「東京喰種」でカネキの親友ヒデに、髪を染め熱演「心から光栄」

5/22(月) 10:00配信

音楽ナタリー

超特急のカイこと小笠原海が7月29日に全国公開される映画「東京喰種 トーキョーグール」に出演、主演の窪田正孝演じる金木研(カネキ)の唯一の親友・永近英良(ヒデ)を演じることが発表された。

【写真】「東京喰種 トーキョーグール」ティザービジュアル(他13枚)

「東京喰種 トーキョーグール」は石田スイによる同名マンガの実写化作品。人を喰らう怪人・喰種(グール)が潜む東京を舞台に、半喰種となってしまった大学生・カネキがもがき苦しむ中で喰種たちの世界に触れ、世界のあるべき姿を模索していく姿を描く。

ヒデはカネキと同じ大学に通う幼馴染。カネキとは正反対の活発な性格で友好関係が広く、原作でも人気のキャラクターだ。作中、喰種になったカネキの秘密を知る由もないヒデは、カネキの体を気遣い、それまでと変わらずに彼のそばに寄り添う。

小笠原は髪を原作のヒデと同じオレンジ色に染めて撮影に臨んだ。映画への出演について、彼は「僕自身、東京喰種のファンなので今回のお話を心から光栄に思います。『喰種』と『人間』の2つの世界で彷徨う親友・カネキが、『人間』としての心を保つための存在でありたい。何があってもカネキの味方でありたい。という気持ちで演じさせていただきました。たくさんの思いのこもったこの作品を1人でも多くの方に観ていただければと思います」と思いを語っている。

小笠原海 コメント
僕自身、東京喰種のファンなので今回のお話を心から光栄に思います。
「喰種」と「人間」の2つの世界で彷徨う親友・カネキが、「人間」としての心を保つための存在でありたい。何があってもカネキの味方でありたい。という気持ちで演じさせていただきました。
たくさんの思いのこもったこの作品を1人でも多くの方に観ていただければと思います。

(c)2017「東京喰種」製作委員会 (c)石田スイ/集英社

最終更新:5/22(月) 10:00
音楽ナタリー