ここから本文です

海底地盤の軟弱さ指摘 わんから市民の会、新基地中止要請へ

5/22(月) 14:22配信

琉球新報

 名護市辺野古の新基地建設に反対する市民団体「わんから市民の会」が19日、沖縄県庁記者クラブで会見し、新基地建設予定地の大浦湾の海底地盤の軟弱性を指摘し、軟弱な地盤の上に巨大な新基地ができることの危険性を指摘した。市民の会は26日に沖縄防衛局を訪ね、海底地盤の問題を指摘するほか、岩礁破砕許可を得ぬまま強行している工事を中止するよう求める。


 会見に参加した土木技術者の奥間政則さんは辺野古の海底地質について「沖縄の地質は空洞のある琉球石灰岩が多い。人間の骨で言えば、骨粗しょう症のような状態だ」と説明。工事海域で海底調査をしていた大型特殊船ポセイドンの動きを分析した結果として「点ではなく分単位で面的に移動している。空洞の有無を調べる音波調査をしていた可能性がある」と指摘した。

 市民らは、地盤が軟弱な場合、国は県に工事の設計変更を申請する必要があると指摘。その上で「大浦湾の地質は巨大な基地の重さに耐えられない」「知事はあらゆる手段を使って新基地を阻止すると言うなら、地盤の問題も追及してほしい」と訴えた。市民の会は26日午後1時半から嘉手納町の沖縄防衛局隣の芝生広場で集会を開く予定で、多くの参加を呼び掛けている。

琉球新報社

最終更新:5/22(月) 14:22
琉球新報